京都府神道青年会は、昭和26年6月、神道の研究・教化並びに社会奉仕活動の推進等を目的として設立されました。
  • HOME »
  • 活動方針

京都府神道青年会 令和元年度活動方針

京都府神道青年会 会長 生嶌 紀之  

先ず以て謹んで聖寿の万歳と皇室の弥栄をお慶び申し上げます。
畏くも今上陛下におかせられましては、践祚あそばされました事を衷心より奉祝申し上げ、上皇陛下におかせられましては幾久しく御健勝であらせられます事をお祈り申し上げます。
神宮におかれましては諸祭恙なく執り行われています事お慶び申し上げますと共に若い世代の参拝者も多く見られる昨今、これを「日本の文化・日本のこころ」の発信の好機と捉え、引き続き参宮促進運動に取り組み神宮式年遷宮啓発に繋げて参りたく存じます。
さて本年は今上陛下御即位の嘉節にあたり各地で奉祝行事が挙行されています事拝承致します。当会も京都府神社庁を始め関係諸団体と連携協力し御即位奉祝事業を企画実施し、常に「国やすかれ民やすかれ」と祈念される陛下の慈愛溢れる大御心に報いるべく御即位奉祝事業を通して感謝の誠を捧げ皇室敬慕の念を次代を担う若い世代を始め、国民に広めていきたく存じます。
当会は令和三年度に創立七十周年の佳節を迎えます。来年には記念事業準備委員会を立ち上げ種々記念事業を計画させて頂きます。当会が更に発展し社会奉仕活動増進が図れますよう創立以来七十年という節目の年を記念し、当会の結束を今一度強固に致したく考えておりますので記念事業計画にお知恵を貸して頂き、お力添えを賜りますれば幸いに存じます。
また、この節目の年に臨むにあたり会員各位には見聞を広め経験を積んで頂き様々な同志と結びつきを深めて頂きたく存じます。その為にも神道青年全国協議会並びに神道青年近畿地区連絡協議会の事業にも目を向けて頂き積極的に各事業に参加をして頂けるよう環境の整備に向けた努力も怠ることなく行って参りたいと存じます。各委員会活動につきましては、従前の事業を基に御即位奉祝事業を念頭に各委員長が中心となり会員と共に検討を重ねて頂き、より良き事業を展開していきたく存じます。
私たち青年神職は、昨今世情において深刻さを増す外交諸問題、憲法改正論議等の時局問題に対しても積極的に関わり、共に研鑽、行動し先人が残せし品格ある国の護持に努めていきたく存じます。京都府神道青年会の様々な活動は会員が主体となり展開していく組織であり会員一人ひとりのお力添え無くしては成り立ちません。当会での活動は今後の自分自身に良き稔りをもたらしてくれるものと信じております。
公私共にご多忙とお察ししますが、どうか積極的に各事業に取り組んで頂けます事を切にお願い申し上げ本年度の活動方針とさせて頂きます。

活動方針

巫女イメージ
PAGETOP
Copyright © 2016 Kyoto-fu Shinto Seinekai. All Rights Reserved.